お金の基礎知識

コンビニATMの手数料が無料の銀行ってドコ?【おすすめの組み合わせは2つ!】

セブンイレブン
編集部員ふみ子
編集部員ふみ子
『お金節約.com』編集部員「ふみ子」です。

先日、コンビニATMで銀行に預け入れをしたら、手数料が取られてびっくり!

普段あまり使わない銀行だったので、コンビニATMの手数料を把握していなかったんですよね…。

できるだけコンビニATMの手数料をかけない方法は無いの?

…ということで、コンビニATMの手数料が無料の銀行について調べてみました!

コンビニATM手数料の有料化が進展中

預金通帳2,000円預け入れて、108円の手数料…。汗

先日、セブンイレブンのATMで、三菱UFJ銀行に「預け入れ」したんです。

普段はほとんど、三菱UFJ銀行を使っていないんですけど、どうしても必要となり…。

そうしたら、手数料がかかってびっくり!

引き出す方なら分かる気もするんですけど、預け入れる方にも手数料がかかるとは!

三菱UFJ銀行は2013年末からコンビニATM手数料が有料化

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行は、2013年12月20日から、コンビニATM手数料を、平日昼間無料から100円(税抜)に引き上げています。

メガバンクのなかでも、手数料見直しの先行事例となっています。もちろん預金残高によっては優遇が受けられますが…。

  1. 預金残高30万円以上で、コンビニATM2回まで無料
  2. 預金残高500万円以上で、コンビニATM3回まで無料

という感じです。正直、この水準はかなり厳しいですよね…。

実際には、預金残高以外の条件も複数設定されていますが、コンビニATMの無料利用回数の上限が3回というのは、使い勝手という意味では厳しいです。汗

メガバンク各行のコンビニATM手数料

三菱UFJ銀行 コンビニATM3回まで無料
みずほ銀行 コンビニATM4回まで無料
三井住友銀行 コンビニATM3回まで無料

(各行とも無料回数の上限を記載)

三菱UFJ銀行だけでなく、メガバンク各行の状況も見てみましょう。

メガバンク各行は、基本的にコンビニATM手数料は有料で、預金残高などに応じて優遇措置をとっていますが、手数料無料で利用できる回数は、最大で3~4回です。

通勤途中に銀行の支店が無いなどで、コンビニATMを利用せざるを得ない状況だと、メガバンク各行は、だいぶ使い勝手が悪くなってしまうことが分かります。

新生銀行、ソニー銀行も見直しで原則ATM手数料を有料化

新生銀行 2018年10月7日より原則有料化
ソニー銀行 2019年1月より原則有料化

新生銀行ソニー銀行は、コンビニATMの手数料がかからない銀行として重宝されてきましたが、相次いで手数料見直しの動きを進めています。

新生銀行は、主要コンビニ各社(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)で、24時間回数無制限で引き出し手数料が無料でしたが、2018年10月7日より手数料が原則有料化。

ソニー銀行は、セブンイレブン(セブン銀行)、ミニストップ(イオン銀行)のATM手数料が無料でしたが、2019年1月より手数料が原則有料化。

コンビニATMの手数料をめぐる動きは、一段と厳しくなってきています…。

ゆうちょ銀行か、スルガ銀行ANA支店がおすすめ

ゆうちょ銀行 スルガ銀行 ATM台数
セブンイレブン 有料 無料 24,798台
ファミリーマート 無料 無料 12,706台
ローソン 有料 有料 12,722台

(ATM台数は各社公表の最新台数データを使用)

現時点で、主要コンビニ各社(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)すべてのATMを、無条件で手数料無料で使える銀行はありません。

それでも、組み合わせ方によってはお得な使い方が見えてきます!

ゆうちょ銀行とファミリーマートATMの組合せが便利!

イーネットのゆうちょ銀行手数料(画像出典:イーネット『ATMのご利用時間と手数料:ゆうちょ銀行』)

ゆうちょ銀行の場合は、ファミリーマートのATMを利用するのが便利です。

ファミリーマートに設置してあるATMは、基本的にイーネットのATMですが、ゆうちょ銀行は、平日8時45分~18時00分・土曜9時00分~14時00分は無料で入出金できます。

また、ファミリーマートでは徐々にゆうちょ銀行の専用ATMを併設する店舗が増えてきています。専用ATMを利用すると、ATM手数料が全時間帯で入出金無料となります。

さらに、ゆうちょ銀行の場合は、郵便局のATMでも手数料は無料です。ファミリーマートのATM台数12,706台と、ゆうちょ銀行のATM台数約28,800台を合わせると、対象時間帯で無料で利用できるATMの台数は4万台を超えます。

自宅から通勤先・通学先までの、自分の生活圏内に、郵便局・ファミリーマートが多いなら、非常に便利に活用できます!

スルガ銀行ANA支店なら、セブンイレブン・ファミリーマート・ミニストップの組合せが便利!

セブン銀行ATMのスルガ銀行手数料(画像出典:セブン銀行『営業時間とATM手数料 : スルガ銀行』)

スルガ銀行は、セブンイレブン(セブン銀行)とファミリーマート(イーネット)、さらにミニストップ(イオン銀行)で、平日7時~18時・土曜9時~14時は無料で出金できます。入金は全ての時間帯で無料です。

スルガ銀行は静岡県沼津市に本店を置く地方銀行ですが、「ANA支店」というインターネット支店があり、日本全国から口座開設することができます。

日本全国各地の人がスルガ銀行のATMを使うのは難しいと思いますが、セブン銀行のATMは約25,000台、コンビニATMのネットワーク単体としては最大です。ミニストップの店舗数約2,200店舗を加えると、対象時間帯で無料で利用できるATMの台数は約2万7千台となります。

ANA支店は、その名の通り、ANAのマイレージプログラムと連携していて、給与振り込みなどでANAマイルが貯まるのも魅力です!

スルガ銀行『スルガSTARプログラム

ATM手数料を考えるとローソンは不利

ローソンに設置されているATMでは、銀行口座を開設しているだけで、無条件にATM手数料が無料となる銀行はありません。

現時点で、主要コンビニ各社(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)すべてのATMを、無条件で手数料無料で使える銀行が無いのも、ローソンが有料となってしまうためです…。

ローソンのATM数は、ファミリーマートとほぼ同じ水準にありますが、無料提携しているパートナーがいないため、ATM数としても一番台数が少ない状況です。

ATM手数料という意味では、ローソンは一番使い勝手の悪いコンビニと言わざるを得ない状況です。

コンビニATMの手数料が無料の銀行ってドコ?まとめ

セブン銀行ATM

コンビニATMの手数料が無料の銀行はどこか、探ってみましたが…。いかがでしたか?

今回紹介したこと
  • コンビニATMの手数料については、多くの銀行で有料化が進んでいます。
  • コンビニATM手数料無料で知られていた、新生銀行とソニー銀行も相次いで手数料徴取の方向に舵を切っています。
  • 平日の日中と、土曜日の一部の時間帯でコンビニATM手数料が無料になるのは、(1)ゆうちょ銀行とファミリーマートの組み合わせ、(2)スルガ銀行ANA支店と、セブンイレブン・ファミリーマート・ミニストップの組み合わせ、この2つです。
  • 金融機関を軸に考えるなら、ゆうちょ銀行か、スルガ銀行ANA支店に口座を開設しておくことがおすすめ!
  • ローソンは、ATM利用料という点では、コンビニ主要3社中最もデメリットが大きいので要注意です…。

お金を節約するためには、銀行口座から必要な分だけ、少しづつ引き出したいですよねー

平日の日中と、土曜日の一部の時間帯でコンビニATM手数料が無料になるのは、次の2つの組み合わせということを覚えておきましょう!

  1. ゆうちょ銀行と、ファミリーマート
  2. スルガ銀行(ANA支店)と、セブンイレブン・ファミリーマート・ミニストップ

生活防衛のためには、コンビニのATM手数料もしっかり把握しておきましょう♪