お得なサイト

【完全解説!】平成31年硬貨セットまとめ【今からでも購入・申し込み可能なセットはどれ?】

平成31年硬貨セット
編集部員ふみ子
編集部員ふみ子
『お金節約.com』編集部員「ふみ子」です。

平成31年は、4月30日まで。5月1日から新元号となることが決まっています。

新元号への改元を前に、日本の造幣局(大阪造幣局)が製造・販売している平成31年銘の貨幣セットが大人気!

平成最後の記念に、平成31年銘の硬貨をセットで購入しておきたいという人の注文が殺到!

それだけでなく、平成31年銘の硬貨はそもそも製造期間が短く、供給量が少ないことから、プレミアム価値を持つと期待する人も多いんです。

ところで、平成31年硬貨セットには、合計5種類あるんです!

それぞれどんな特徴があるの?今からでも購入可能なものはどれ?気になりますよね~

平成31年硬貨セットについて、まとめてみました!

平成31年硬貨セットは合計6枚の硬貨入り

平成31年硬貨セット

平成31年硬貨セットは合計5種類あります。

共通しているのは、平成31年の年号が刻まれた、1円、5円、10円、50円、100円、500円、合計6枚の硬貨が入っていること。

全硬貨の額面金額を合計すると、666円になりますから、それ以下の金額で販売されることはありません。

実際には、硬貨の表面の仕上げ方とか、化粧箱などの装丁で、販売金額は異なってきます。

次からは、販売金額順に、全5種類の特徴と販売状況を見てみましょう!

 

平成31年銘「通常プルーフ貨幣セット」は購入不可能

プルーフ貨幣とは、特殊な技術を用いて表面に光沢を持たせ、模様を鮮明に浮き出させた貨幣のことです。

平成31年銘通常プルーフ貨幣セット、2種類の違いは、平成31年の年銘板の有無です。写真を見ると、「年銘板有」の方には、真ん中部分に年銘板が有ることが分かりますね。

造幣局では毎年プルーフ貨幣を販売していますが、平成ラストイヤーの今年は特に人気が集中しました!

平成31年銘通常プルーフ貨幣セット(年銘板有)

平成31年銘通常プルーフ貨幣セット(年銘板有)平成31年銘通常プルーフ貨幣セット(年銘板有)
種類 平成31年銘通常プルーフ貨幣セット(年銘板有)
販売価格 7,714円(消費税・送料込)
販売予定数量 30,000セット(年銘板有無の合計)
販売状況 1月末で受付終了
再販売の可能性 現時点で無し
造幣局の告知 平成31年銘通常プルーフ貨幣セット(年銘板有)の通信販売について

平成31年銘通常プルーフ貨幣セット(年銘板無)

平成31年銘通常プルーフ貨幣セット(年銘板無)平成31年銘通常プルーフ貨幣セット(年銘板無)
種類 平成31年銘通常プルーフ貨幣セット(年銘板無)
販売価格 7,560円(消費税・送料込)
販売予定数量 30,000セット(年銘板有無の合計)
販売状況 1月末で受付終了
再販売の可能性 現時点で無し
造幣局の告知 平成31年銘通常プルーフ貨幣セット(年銘板無)の通信販売について

平成31年銘通常プルーフ貨幣セットについては再販売予定無し

平成31年銘通常プルーフ貨幣セット2種類については、2019年1月末の時点で申し込みが終了しています。

年銘板有・無あわせて3万セットを製造する予定でしたが、申し込み数は、最終的に21万セット以上に!

造幣局は5万セットへの増産を目指すとしていますが、全ての申し込みに対応は出来ないため、抽選が実施されることになりました。

平成31年銘通常プルーフ貨幣セットについては、現時点で再販売の予定はありません。

※次の記事ではハガキ申込方法を解説していますが、現時点ではハガキ申込の受付期間も終了しています。

平成31年貨幣セット
【必見!】平成31年貨幣セットのハガキ申込方法を解説!【造幣局サイトが繋がらなくても大丈夫♪】造幣局(大阪造幣局)が平成31年銘通常プルーフ貨幣セットの販売を告知したところ、申し込みが殺到!造幣局オンラインショップのアクセスが困難な状況に陥っています。平成31年銘通常プルーフ貨幣セットはハガキでも申込むことができますので、慌てず、あきらめず対処しましょう!...

平成31年銘(通常貨幣)硬貨セットは購入できる可能性あり

プルーフ貨幣では無い、通常版貨幣であれば、まだ購入できる可能性はあります!

特に、「平成31年銘記念日貨幣セット」と「平成31年銘ジャパンコインセット」は、製造数がプルーフ貨幣よりも少ないため、セット全体としての希少価値は高いとも言えます。

プルーフ貨幣の抽選に当たる確率は、5万セットへ増産したとしても、応募が21万セット以上ですから4分の1以下ですよね…。

そう考えると、とくに後述する「ミントセット」の購入は保険としても検討しておくと良いのではないでしょうか!

平成31年銘記念日貨幣セット

平成31年銘記念日貨幣セット平成31年銘記念日貨幣セット
種類 平成31年銘記念日貨幣セット
販売価格 2,200円(消費税込・送料別
販売予定数量 11,200セット
販売状況 通信販売は終了
再販売の可能性 4月下旬頃から販売開始を予定
造幣局の告知 平成31年銘記念日貨幣セット

「記念日貨幣セット」は、赤ちゃんの誕生や結婚祝いなどの各種慶事の贈り物とされることを想定しているセットです。

記念の写真を添えて、フォト・フォルダーとしても飾れるんですね。

「記念日貨幣セット」は、当初5,600セットの製造販売を予定していたところ、申し込みが集中して売り切れ状態に。

11,200セットに倍増して、4月下旬から販売再開を予定しています。

平成31年銘ジャパンコインセット

 

平成31年銘ジャパンコインセット平成31年銘ジャパンコインセット
種類 平成31年銘ジャパンコインセット
販売価格 2,100円(消費税込・送料別
販売予定数量 16,800セット
販売状況 通信販売は終了
再販売の可能性 4月下旬頃から販売開始を予定
造幣局の告知 平成31年銘ジャパンコインセット

「ジャパンコインセット」は、日本の伝統美をテーマとしたセットで、純銀製年銘板(製造年入りのメダル)1枚を透明プラスチックケースに組み込み、カバーケースに収納しています。

カバーケースの表面には、麻の葉文様・ヱ霞文様を背景に、月・猪・萩を、裏面には、麻の葉文様・ヱ霞文様をデザインして、、日本の伝統美を表現しています。

「ジャパンコインセット」は、当初8,400セットの製造販売を予定していたところ、こちらも申し込みが集中して売り切れ状態に。

16,800セットに倍増して、4月下旬から販売再開を予定しています。

平成31年銘ミントセット

平成31年銘ミントセット平成31年銘ミントセット
種類 平成31年銘ミントセット
販売価格 2,000円(消費税込・送料込
販売予定数量 135,000セット
販売状況 通信販売は終了
再販売の可能性 一日当たり・一人当たりの販売セット数に制限を設けて販売中
造幣局の告知 平成31年銘ミントセット

「ミントセット」は、昭和50年に通常貨幣セット(平成10年銘から「ミントセット」に改称)として国内販売を最初に行った、最も歴史が長い貨幣セットです。

年号銘を刻んだ硬貨セットのなかでも、一番基本的なかたちと考えて良いでしょう。

「ミントセット」は、今年の干支の亥にちなんで猪と己亥(つちのとい)の文字をデザインした丹銅製年銘板(製造年入りのメダル)1枚をケースに収納しています。

「ミントセット」は、当初135,000セットの製造販売を予定していたところ、こちらも申し込みが集中。まだ在庫はあるということですが、一日当たり・一人当たりの販売セット数に制限を設けて、大阪・広島・埼玉の各ミントショップで販売中です。

 

平成31年硬貨セットの購入方法

現時点(2019年2月21日)では、平成31年硬貨セットの購入方法は大きく2つです。

もっとも確実なのは、「ミントセット」を電話注文することです。ただし、これから注文した場合は、手元に届くのは早くとも7月以降となります。

「ミントセット」を今すぐ購入したい場合、「記念日貨幣セット」「ジャパンコインセット」を4月以降に購入したい場合は、全国3か所のミントショップに実際に行く必要があります。

現時点で最も確実なのは「ミントセット」の電話注文

連絡先 造幣局お客様サービスセンター
電話番号(ナビダイヤル) 0570-01-2626
ナビダイヤルを利用できない場合 06-6351-2626
受付時間 平日午前9時~午後5時

現時点で、造幣局では「ミントセット」のみ電話注文を受け付けています。

注文方法は次の通りです。

  1. 造幣局お客様サービスセンター(0570-01-2626)に電話する
  2. 平成31年銘「ミントセット」の電話注文をしたい旨伝える
  3. 希望セット数と、氏名・住所・電話番号を伝える

この注文の電話によって、造幣局のシステムに氏名・住所・電話番号が登録されることになります。

製造・販売の目処が付いた段階で、登録した住所に「2,000円x希望セット数」の金額にて振込票が郵送されてきますので、そちらを用いて振込する流れです。

振込票到着後の流れはこちらを参考にしてください。

  1. コンビニ、郵便局は振込手数料無料(銀行は振込手数料がかかります)
  2. 振込後、2~3週間でゆうパックにて登録住所にお届け
  3. 指定期間以内に振り込まなければキャンセル扱いとなる

本日、2019年2月21日の取材時点では、振込票の発送は7月以降ということでした。

取材時間が経過する度に、振込票の発送時期が徐々に遅くなってきていますし、そもそもいつまでこの電話注文を受け付けるのかも明確ではありません。

平成31年硬貨セット「ミントセット」を希望する人は、できるだけ早く、申し込みの電話をかけた方が良いと思います!

「記念日貨幣セット」「ジャパンコインセット」はミントショップに実際に行く必要がある

ミントショップとは、造幣局の本局・支局内にある、貨幣セットの展示販売ブースのこと。大阪の本局内、造幣さいたま博物館内、広島支局の造幣展示室内、この3か所に設置されています。

「記念日貨幣セット」および「ジャパンコインセット」は、4月以降に再販売予定ですが、通信販売は実施されませんので、必ずミントショップに実際に行く必要があります。

同じく「ミントセット」を今すぐ購入したいという場合も、一日の販売数が限られているので売切れの可能性はありますが、やはりミントショップに実際に行く必要があります。

ミントショップ3か所の住所などを記載しますが、販売状況については、訪問前に電話で確認してから行くことをおすすめします。

造幣局(本局)構内ミントショップ

ショップ名 造幣局(本局)構内ミントショップ
住所 〒530-0043 大阪府大阪市北区天満1-1-79
電話番号 06-6351-5370
営業時間 午前9時〜午後4時30分
定休日 原則通年で営業(ただし造幣博物館の休館日は休業)

造幣さいたま博物館内ミントショップ

ショップ名 造幣さいたま博物館内ミントショップ
住所 〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町一丁目190番地22
電話番号 048-645-5918
営業時間 午前9時〜午後4時30分
定休日 原則通年で営業(ただし造幣さいたま博物館の休館日は休業)

造幣展示室(広島支局)内ミントショップ

ショップ名 造幣展示室(広島支局)内ミントショップ
住所 〒731-5127 広島市佐伯区五日市中央6-3-1
電話番号 082-922-1597
営業時間 午前9時〜午後4時30分
定休日 土日祝日および年末年始

 

【完全解説!】平成31年硬貨セットまとめ

平成31年硬貨セットについて解説してきましたが、いかがでしたか?

今回紹介したこと
  • 平成31年硬貨セットは合計5種類です。
  • 平成31年硬貨セットは「プルーフ貨幣」と「通常貨幣」の2つに大別されます。
  • 平成31年銘通常プルーフ貨幣セットは、1月末で申し込み完了、再販売の予定はありません。
  • 通常貨幣セットについては、「ミントセット」なら現時点でも電話注文が可能です。
  • 「記念日貨幣セット」「ジャパンコインセット」は4月以降の再販売予定、ミントショップに実際に行く必要があります。

平成最後の記念に手に入れたい!そう思う人が多くて、大人気の平成31年硬貨セットですが、「ミントセット」なら現時点でも電話注文ができるんです。

『お金節約.com』編集部でも、個人でも、ウチはしっかり申し込みました!

硬貨の額面が666円はあるわけですから、セット価格が2000円程度でも十分納得できるお値段だと思うんですよね。

その「ミントセット」も、取材をするたびに発送タイミングが少しずつ伸びている印象なので、欲しい人はぜひ今すぐ動くことをオススメします♪

天皇陛下御在位30年記念貨幣
天皇陛下御在位30年記念貨幣の引換方法を解説!【もはや芸術品の域に達した500円記念硬貨】天皇陛下御在位30年記念の500円硬貨が、2019年2月21日(木)から取扱金融機関の窓口にて引き換えが始まっていて人気を集めています。どの金融機関で取り扱っているのか?引き換え方法はどうすれば良いのか?解説します!...